enishi

ご縁に感謝

ハロウィンゲートinなかのと

こんにちは!今町衣里です。

先日、地元:中能登町で開催された『ハロウィンゲートinなかのと』に出演させて頂きました☆

f:id:eri-imamachi:20181102214858j:image

会場は成人式を行ったラピア鹿島内のアイリスホール。8年前の成人式では、まさか自分がこの会場で歌うことになるなんて思ってもいなかったな〜(´-`)

 

会場に到着すると驚き!☆

f:id:eri-imamachi:20181102215359j:image
f:id:eri-imamachi:20181102215403j:image

前日から実行委員のみなさんが装飾されたそうなのですが、こんなに賑やかなんだ〜と始まる前からウキウキ* お客さんで賑わうまえに、ちゃっかりわたしも体験させてもらいました♡

f:id:eri-imamachi:20181102215657j:image

少しでもハロウィン感を出そうと試みてみました!◎ いざ開場すると、こちらのペイントコーナーは長蛇の列だったので、早めに体験させてもらって良かったです〜。

 

『さくら祭り』でもご一緒になった羽咋市のsumiさんともお久しぶりにお会いしました☆

f:id:eri-imamachi:20181102220038j:image

わたしはsumiさんの後に歌わせて頂きました*

お子様と一緒にご来場される方が多いため、子どもたちも知っているような曲も歌ってほしいとリクエストを頂いていたので、全曲カバー曲でお届けしました☆

 

ここからは少し個人的な話をします〜(´-`)

石川へ帰ってきてからある曲と出会いました。その曲はお世話になっているDJ池田さんに教えて頂いたのですが、初めて聴いたときに「なんだこれは!」とものすごく衝撃を受けた曲で、『いつかこういう曲をこんな風にパワフルに歌えるようになりたい』と、憧れと尊敬を抱いたアーティストとの出会いでもありました。

そして、今回のイベントで音響の総合指揮官を行われていた池田さんにライブでの音響を担って頂けることになり、池田さんはおっしゃいました。

「あの曲、やっちゃおうよ!」

「ついに!」と思う反面「今のわたしに歌えるのだろうか」という不安もありました。ですが、この頃はライブの一ヶ月前ごろだったので、この一ヶ月間でなんとかできるだろう〜!と、「やりましょう!」とお返事をしました。

月日は流れ、二週間が経ちました。学園祭ツアーも中盤に差し掛かってきた頃でしたが、その頃のわたしはあの曲を人前で歌うことに、どうしても自信が持てませんでした。

『まだ早い、今の自分では聴いてくれた人の心を揺さぶるような完成度に達していない』と、わたしの中にわたしを引き止めようとする自分がいました。

『まだ準備不足だよ、恥をかきたくないでしょう?』という主張もあり、「そうだよな〜、今のわたしにはまだ早いよな〜」とその主張を受け入れ、一度は歌うことを断念しました。

恥から逃れ、今の自分に歌い切れる安全パイなセットリストで挑むことに決めたのですが、なぜかスッキリしません。モヤモヤもやもや靄靄が消えず、どうしてだろう?ともう一度自分の心と向き合ってみることにしました。

すると分かったのは、『本当は挑戦したい!』という明確な意志でした。

そういえば、「今の自分にはまだ〜」とチャンスの場面で逃げ腰気味になって、案の定チャンスを逃したことがあったな〜ということを思い出したりもしました。

それも全て「失敗への恐怖心」が原因だったんだな〜と今になって気づいたのと同時に、失敗を恐れるということは、『ハナから失敗すると自分で決めつけている』ことでもあるんだと気づきました。

それはイコール『自分のことを信じていない』でもあるから、わたしはずっと、ものすごく自分に自信を持てない部分を抱えながら生きてきたことにも気づいたんです。

そこに気づくと、なんだかものすごく自分に対して申し訳ない気持ちが湧いてきました。自分が自分を信じてあげられなくて、そんな人のことを誰が信じるんだ?って思いました。

『自分は自分に対して一番の味方にもなれるし、敵にもなれる』

わたしは後者にフォーカスしていたんだなって気づいたときに、ふっと力みが抜ける感じがしました。

例えるならば、綱引きをしていて両者譲らずの状況の中、そこまで〜!と笛が鳴った瞬間。

理科の授業で習ったような、左右に引っ張ってピーン!みたいな感じなんです。

(伝わりづらかったらすみません。笑)

あ!わかった!

本当は空高く浮遊したいんだけど、ずっと紐を握られていて飛び立てない風船みたいな感じです!◎ それで、今までは自分で風船の紐をぎゅっと握りしめていたのですが、その手をゆっくりと解くことができたのです*

でも、ずっと握りしめていたのにも理由があって、空にはカラスやツバメやスズメなど様々な鳥もいるので、もしかしたら風船が割れてしまうかも知れないと察し、風船を大切に思うからこそ安全な自分の範疇に置いておきたかったんです。

これってもしや、子を想う親の気持ちと似ているのかな〜と思いました。

すべて自分自身の中での出来事なので、家族を含め第三者はだれも登場しない話なのですが、自分の中にもいろんな役割の自分がいるんだな〜と知りました(´-`)*

 

個人的な話が思ったより長くなってしまったのですが、笑

自分の歌いたい!という真っすぐな想いを尊重し、今回は初挑戦した曲を交えて4曲歌わせて頂きました!◎

f:id:eri-imamachi:20181102232832j:image

f:id:eri-imamachi:20181102232658j:image

不思議なのですが、いざ挑戦する!と決めてからはなぜか『本番は絶対に成功する』という根拠のない自信が湧き上がってきて、

もし万が一のことがあったとしても、中能登町のみなさんならあたたかく受け入れて下さるだろう!という町民のみなさんのお人柄への信頼も相まって、とにかく全力で、全身全霊を込めて歌わせて頂きました。

結果、完成度としてはまだまだ100点ではありませんが、今の自分の全てを出し切り歌い切ることができました◎

ライブの後、池田さんにお礼に行ったら『あの曲が一番拍手大きかったぞ!』と、とっても嬉しいお言葉を頂きました。涙

(歌い切ることに精一杯で、拍手を感じる余裕もありませんでした。)

そして、わたし自身も恥や失敗という幻想を消し去り、最もピュアな本音の想いを叶えてあげることができて、ものすご〜〜く嬉しかったです。そして、自分自身への信頼にも繋がりました*

最後はみなさんと記念撮影♡

f:id:eri-imamachi:20181102234234j:image

お隣や後ろに座ってくれている子どもたちとは終わったあとにもお話したり、ふれあう時間もあって幸せでした〜(´-`)♡

ご来場下さったみなさん、出演者・出展者・出店者のみなさん、お呼び下さった実行委員のみなさん、

そして、挑戦するキッカケを与えて下さったDJ池田さん、

ありがとうございました!!

 

とってもとってもとっても、

大切なライブになりました***

 

 

〈セットリスト〉

OP. はじめましてのうた

1. アイデア

2. となりのトトロ

3. INTO THE LIGHT

4.走れ!

(OPを除き全てカバー曲)

 

 

 

おまけ

わたしが衝撃を受けた曲はこちらです!

https://www.youtube.com/watch?v=5-z3OSTf9-s&feature=share

歌声から放たれるパワーに、本当に痺れました。

動画はちょうど20年前、20歳の頃の映像です。

いつの日にか、その歌声とご本人の放つパワーをライブで体感したいです(´-`)*