enishi

ご縁に感謝

28歳になりました♡後編

こんにちは*今町衣里です。

先日、ラジオの収録に行ってきました!

f:id:eri-imamachi:20180921025258j:image

収録を終えて編集作業中の一枚。今回が4回目の収録だったのですが、なんとか機材の使い方をマスターできたので、いよいよ次回からはひとり立ち٩( 'ω' )و!

リハーサルから毎収録立ち会ってくださった局長、本当にお世話になりました* そして、ありがとうございました!

f:id:eri-imamachi:20180921023706j:image

収録中の景色はこんな感じです〜ʕ•ᴥ•ʔ◎ 来週からは10月の放送分を収録します。何を話す流れになるのかな〜?と楽しみです♡

 

 

さてさて、前回の続きのはじまり〜ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

 

文音さんのアトリエ『桃花林』のある能登町内浦長尾までは車で1時間ほど。高台にあるアトリエから見える景色がもう最高〜!(๑˃̵ᴗ˂̵)☆

f:id:eri-imamachi:20180921030220j:image
f:id:eri-imamachi:20180921030223j:image
f:id:eri-imamachi:20180921030226j:image

ここは沖縄なんじゃないか?って錯覚してしまうくらいに透きとおった淡いエメラルドグリーンの海に、名前を教えてもらったけど忘れてしまった椰子の木みたいな植物。

小さい頃に海水浴に行くのはもっぱら外海側の千里浜だったので、内海と呼ばれるこちら側の海を見るのは初めてだったのですが、本当に驚きましたし、感動しました*

f:id:eri-imamachi:20180921031624j:image

透明度が高く、一日のうちに五回も色が変わるという言い伝えから、こちらの海は『五色ヶ浜』と呼ばれているそうです。

f:id:eri-imamachi:20180921030217j:image

こんなに素敵な場所が能登にあったんですね〜(*´꒳`*)♡ 文音さんも引っ越してきた当初は沖縄みたい〜って思ったそうです。実はふたりとも沖縄を訪れたことはないんですけどね。笑笑 

いつか沖縄にも行きたいな〜〜☆☆

 

アトリエの中もとっても素敵♡

f:id:eri-imamachi:20180921032949j:imagef:id:eri-imamachi:20180921174022j:image
f:id:eri-imamachi:20180921032954j:image
f:id:eri-imamachi:20180921032952j:image
f:id:eri-imamachi:20180921032947j:image
f:id:eri-imamachi:20180921032957j:image

文音さんの作品たちや、展示会にも使われていらっしゃるガラス玉たちが和室と合わさり醸し出す空間は、神秘さえも感じる美しさでした。

普段は文音さんが創作をされていらっしゃる聖域のような場所でわたしたちも創作をさせてもらえるなんて、なんて贅沢な体験をさせてもらったんだろうと改めて感じます。

体験の前にエネルギー補給。

f:id:eri-imamachi:20180921034002j:image

朝寝坊がちな我が家のお弁当はおにぎりのみだったのですが、あたたかいお茶やスイカ、この後には即席のお澄ましまで出してくださって、身も心もあたたまりました(´-`)*

 

昼食も終え、文音さんの義父でありテレジアの旦那さまのハンツも加わり、いよいよ抒情書体験スタート〜◎

まずは硯、次に墨、最後に筆を選ぶのですが、どれも個性溢れるものが揃っていて、選ぶ工程から楽しさがはじまりました*

母は栗みたいなかたちの硯に黒い墨とホウキと呼ばれていた正にミニチュア箒みたいな筆、

わたしは右側が波打っている硯に薄紫の色墨と木で作られた筆を選びました。

色墨はその他に朱、青、緑、黄色、白、筆はハケみたいなものから竹製のもの、たぬきの尻尾や鳥の羽など本当に多種多様。ひとつひとつがすでに作品そのもので、その作品たちを使って新たな作品を創るって、、

書いていて気づきましたが、本当に本当に贅沢極まりないことをさせてもらっていたんだなと、今になって、より実感が湧いています。

気になった墨や筆をどんどん使いながら、字を書くも良し、絵を描くも良し、感じるままに筆と遊び、ときには筆にゆだねながら夢中になっていると、、芭蕉さんのご到着〜〜♡

なんと、とっても素敵なサプライズまでご用意してくださいました。

f:id:eri-imamachi:20180921164110j:image

めちゃめちゃ可愛い〜!すごい素敵〜!超好み〜〜〜♡ 芭蕉さん、ありがとうございます。゚(゚´ω`゚)゚。

 

わたしたちは大きめの和紙を三枚ずつ作ったのですが、乾燥させることによってこんなに色や雰囲気って変わるんだ〜と、面白かったです。

職人さんは出来上がりを想定して野花など中に入れるものを選ばれるんだな〜と思うと、元々お待ちの感性ももちろんですが、それ以上に経験を重ねることの延長に素晴らしい作品が待っているんじゃないかなって感じました*

全員が全員そうとは言い切れませんが、それって創作活動や表現に限らず、何をするにも通ずるところなんじゃないかな〜とも思います。

種を蒔いて実が生り、収穫するまでには必ず時間が必要。どうしてもタイムラグがあるわけだから、成功している人はみんな、そのタイムラグの時季に地道な作業を行い続けた人なんだな〜とも思います。

そして、何を持って「成功」と呼ぶのかは人によって違うので、望みを実現したければ『続ける』のみ。『継続は力なり』って、実はあたりまえのことなんだなって植物を通して教えてもらった気がします。

ちなみにこの言葉、広島の宗教家の住岡夜晃(すみおかやこう)さんの『讃嘆の詩』という詩集の中の一文『念願は人格を決定す 継続は力なり』から来ているそうです( ͡° ͜ʖ ͡°)☆

 

さしてそして、いよいよ自分が漉いた和紙で創作〜٩(^‿^)۶◎ 仕上がりはこんな感じ☆

f:id:eri-imamachi:20180921161801j:image

本当に、四者四様!時間との兼ね合いで一枚のみ創作したのですが、無心に没頭させてもらえて、とっっっっても心が喜んでいるのを感じました*

母が本当に童心に還ったように無邪気に夢中に楽しんでいるのを感じていたので、それも含めて幸せなひと時でした*

そしてそして、テリジアとハンツに出会えたこと自体も、と〜〜っても嬉しいサプライズでした♡ 13歳から単身で渡英され、通訳もされていた文音さんが英語で会話する様子もとっても格好よくて、まさにグローバル☆ 素敵なことだらけでした*

そして、、文音さんからもサプライズが。

f:id:eri-imamachi:20180921164547j:image

ううう、、みなさん本当にありがとうございます〜。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。。゚(゚´ω`゚)゚。

またぜひ体験もしたいし文音さんにも会いたいので、いつかわたしが車を運転して母と一緒に遊びに行きたいな〜と思いました* でも、それは本当にいつになるのかわからないので、笑 その前にもまた遊びに行きたいな〜と思います(*´ω`*)♡

文音さん、芭蕉さん、テレジア、ハンツ、豊かな時間をありがとうございました♡ そして運転してくれた母、産んでくれた母、ありがとう*

f:id:eri-imamachi:20180921163703j:image
f:id:eri-imamachi:20180921163709j:image
f:id:eri-imamachi:20180921163729j:image
f:id:eri-imamachi:20180921163719j:image

f:id:eri-imamachi:20180921164512j:image

 

出発からはじまった母との小旅行ですが、実はあまり運転が得意ではない母とのドライブは、行き帰りともに道に迷いながらでした。笑笑

行きは父に電話をしながら向かい、帰りは間違えたけど心配するだろうからと父に電話はせず、『道は繋がってるからそのうち着くでしょ〜♪』と隣に乗っているだけの呑気な娘と『そうやよね〜♪』とノッてきた母。笑

それも含めてすごく楽しくて可笑しくて、結果大好きな海沿いの道をずっと走ることができて、行きは山道だったので両方走れてラッキーでした\(^-^)/☆☆

 

晩御飯は家族みんなでお寿司♡

f:id:eri-imamachi:20180921170221j:image

嬉しすぎて食べた後に気づいて写真を撮ったので、食べかけでごめんなさい。笑

祖母からのプレゼントだったので、わたしからも日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼント*

f:id:eri-imamachi:20180921170432j:image

羽咋の『シャルドン』さんで購入しました♡ ここの生クリームが大好きなんです〜〜(о´∀`о)

 

実は、旅の途中や抒情書体験の前にも感情を揺さぶられる体験があったのですが(今回は割愛)、色とりどりの心震える体験をさせてもらい、一日の終わりを家族団欒で終えられて、

本当に本当に、幸せな一日でした*

f:id:eri-imamachi:20180921171648j:image
f:id:eri-imamachi:20180921171642j:imagef:id:eri-imamachi:20180921171645j:image

28年目の人生はどんな一年になるのかな〜*

自分のペースで一歩ずつ邁進して行きたいなと思います。

これまでにお世話になってきた方、今もお世話にっている方、これからお世話になっていく方、新たに出会う方、み〜んな含めて今の自分が創られ、これからの自分が創られていくのだと思います。

ご縁あって出会えたみなさま、本当に本当にありがとうございます*

今後とも応援、ご指導の程よろしくお願いいたします*

 

 

おまけ

近所のちびっこちゃんからもこんなにキュートなプレゼントをいただいちゃいました♡

f:id:eri-imamachi:20180921173207j:image

しかもこのモール、今町書店で買ってくれたものなんです〜。 くじやえんぴつや消しゴムにノート、アイスにジュースに漫画など、可愛いお財布を持ってお買いものに来てくれるんです。

ちなみに彼女、ときおりブログにも登場する『ちびっこカメラマン』のお姉ちゃんでもあります*

まきちゃん、ありがとう♡ また遊ぼうね(*´ω`*)*