読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

enishi

はじめまして、今町衣里です。ご縁に感謝。

2016.11.25 下北沢LOFT

こんにちは!今町衣里です。

 

昨夜は下北沢LOFTさんにて、ライブに出演させて頂きました。

ご来場下さった皆様、有難うございました。

 

今回は何度もライブに足を運んで下さっている皆様に加えて、地元の同級生と軽音楽部時代の同期も観に来てくれ、いつもと違った緊張感と共にステージに立ちました。

 

ライブを終えて残ったのは、悔しさと、やり切れなさでした。

初めてギターと共にステージに立ってから約半年。

こういう気持ちになったのは、初めての事でした。

 

まだまだ未熟者ですし、ライブ経験も少ない身ですが、少ないなりにも、ライブを終えるごとに、一歩ずつの成長を感じていました。

遡れば遡る程、ミスも多ければ演奏も拙いのですが、当時はそれを上回るくらいに、ライブ中もライブ後も、喜びと嬉しさで満たされていました。

 

ですが今回は、失敗云々ではなく、やり切ったという感覚や心の底から楽しめたという感覚が、弱かったのです。

 

自分って、臆病な面もあるんだと自覚しました。

そして、ステージに立つ者としての器が、まだまだ備わっていませんでした。

 

何が一番心残りか。

わざわざ時間とお金、そして労力を使って会場に駆けつけて下さった皆さんに、半端な状態のライブをお見せしてしまった事です。

 

来て下さった方が、どう感じられたのかは、わかりません。

来て良かったと感じて下さっていましたら、本当に有難いですし、救われます。

ただ、自分の中では、ご来場下さった方が向けてくれた熱量に、見合った熱量をライブでお返し出来たのか。

そこに、違和感を感じています。

 

数字だけで見ると、今回はノルマを上回りご来場下さったお蔭で、チケットバックを頂けるという、恵まれた結果に終わりました。

ですが、正直。

素直に喜べませんでした。

 

だからと言って、お支払い頂いたチケット代を全額払い戻しさせて頂くことも、今の自分の現状では難しい。

矛盾した事を書いているのは承知していますが、それでも尚、胸に突っかかるものがあるのです。

 

今まで、いかに自分が安易な心構えでライブを行って来たのか。本当に、恥ずかしい。 

大切な時間を、お金を、労力を割いて、ライブに駆けつけて下さっているんだという事を、全く以って、理解出来ていませんでした。

 

悔しさや申し訳なさは今でも残っていますが、同時に、"ライブに来て頂ける"という事の重みを教えて頂いた、とても大切なライブになりました。

 

ご来場下さった皆様。

わざわざ会場に足を運んで下さったのに、不甲斐ないライブをお見せしてしまい、

本当に、申し訳ございません。

そして、貴重な人生の一部を使ってライブにお越し下さって、

本当に本当に、有難うございました!

 

出演者の皆様、下北沢LOFTの皆様。

色々と学ばせて頂く事があり、今後の自分の方針を見直すきっかけになりました。

またご一緒させて頂く際は、宜しくお願い致します。

お疲れ様でした!そして、有難うございました!

 

不甲斐なさは残っていますが、

この経験は、財産のように思います。

得たものを、今後のライブに、そして人生に活かして、生きて行きたいと思います。

 

次回のライブは12/28 水曜日、下北沢ラグーナさんにて!

このライブが、年内最後のライブとなります。

今年を気持ちよく締め括れる様に、次のライブに向けて、日々の生き方から精進して参りたいと思います。

 

 

いつ何時も、自分で在れ。

 

ふと、浮かびました。

きっと、今の私に必要な言葉なのだと思います。

 

 

【編集後記】

 

この日、ライブは一本の予定だったのですが、

実はこの後。。

急遽、二本目のライブを行う事になりました!

思いの外長くなってしまったので、

続きは次回のブログにて〜!