enishi

はじめまして、今町衣里です。ご縁に感謝。

4/8 野外練習&ライブ in ふれあいばし

こんにちは!今町衣里です。

 

今日のブログは4/8に行った

『野外練習&ライブ in ふれあいばし』の報告&レポート記事です。

 

*****************

 

4/8 金曜日、曇り空。

今日は16時に到着し18時頃まで練習をする予定です。

 

一昨日よりはやや人は少なめではありましたが、桜見物のみなさんがこの日も先にいらしていました。 

 

まず「罪悪感」を両パターン練習。

次に「不完全」を練習していました。

 

すると、ひとりの女性が声を掛けて下さいました。

エンターテイメントがお好きだそうで、SMAPさんや関ジャニ∞さん等のPV撮影にエキストラで参加されたりもしているんだそう。

近くに出没するにゃんこにご飯を食べさせるために、この場所を通りがかって下さったそうです。

 

勇気を出し、

「もし良かったら、歌わせて頂けませんか?」

ご了承下さり、今日もライブをさせて頂けることになりました。

 

1.罪悪感

2.にんげん

3.明日、笑えるように。

 

今回もアカペラでお届けさせて頂きました。 

 

そして、前回は本当にライブをする流れになると思っていなかったので、音楽関連のものはギターと紙とシャープペンしか持っていかなかったのですが、

(ピックも忘れてしまったのですが、お借りしているギターの持ち主さんがケースの中にピックを忍ばせてくれていたため、前回は何とかライブをすることが出来ました。本当に助かりました!この場を借りて、有難う!)

 

今回は、昨年作成して頂いたチラシとCDも用意してきたので、歌詞カードもお渡しして曲を聴いて頂きました。

目の前のひとりの方に向けて自分の曲を歌わせて頂くという体験は、二度目の体験です。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

昨年の6月、映画館にて音楽ドキュメンタリーの二本立てを鑑賞したのですが、二本目の作品「キシタコウシ」に出演されていた「木下航志」さん。

この方との出逢いに衝撃を受けました。

 

『和製スティービー・ワンダー』と呼ばれていらっしゃるそうですが、木下さんの圧倒的なエネルギーはまさに"本物"。

 

エラ・フイッツジェラルドのレコードを始めて聴いたとき。

上原ひろみさんのライブを体感したとき。

偶然入ったコンビニでグリムスパンキーの「焦燥」で松尾レミさんの声を聴いたとき。

そして、2014.1.14。

六本木EXシアターにて、THE BACK HORNの「罠」を ライブで初めて体感したとき。

 

同じく"全身に稲妻が走る"この感覚を味わわせてもらいました。

 

今後はわかりませんが、今現在DVD化はされていなく、監督の作品の中でも初期の作品であの機会だったから上映されていたように思うので、その時には偶然のように感じていた出来事も今こうして振り返ってみると、すべて必然だったかのように感じます。

 

映画を観終えたわたしは監督にご挨拶をして、渋谷駅にて電車を待っていたのですが…

 

『無理だ!このまま何もしないで帰るのは、無理だーーーー!』

 

と、エネルギーが湧き上がりどうしようもなく興奮状態に陥ってしまったので、一度入ったホームを飛び出し、人生で初めてこの身ひとつで渋谷駅前で歌いました。

 

声を出すまでは怖さがあったのですが、いざ歌い始めると、なんだかすごく落ち着くんです。

色んな方と目が合うし、微笑んで下さる方も変な奴だな〜って意味合いの微笑みの方もいらっしゃったのですが、そういったことを全部含めて愉しかったのです。

 

自分でも、何やってるんだろう…

と可笑しくなりました。

マイクも、楽器も、他のメンバーも誰もいないのに、ただひとり、夜の渋谷にて声を張り上げて歌う人。

逆の立場だったら変わった人だな〜と思い近寄りはしないかも。

 

そんな傍から見ると"危ない人"だったわたしの元に、ひとりの男性が近づいてきてくれました。。!

お話を聴くとその方は当時19〜21歳くらいで、社会人として働かれていらっしゃいました。通りがかったら声が聴こえたので立ち寄って下さったそうです。

行動してくれた彼に、感謝です。

 

その日は「思いだせ」を歌わせて頂きました。

そしてそれが、初めて目の前のひとりの方に向けて自分の曲を歌わせて頂いた瞬間でした。

 

彼は今、元気にしているのかな?またいつか、会えるといいな。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

回想が長引いてしまいましたが、約10ヶ月ぶりに二度目を機会を頂きました。

そして、またしても予想外の出来事が起こりました。

 

なんと、わたしの曲を聴いて

お金を下さったのです。

 

CDのを購入頂いてお金を受けとったことはありましたが、歌ってお金を頂いたことは初めてだったので、えっ?という驚きが先に来ました。

せめてもとCDをお渡ししようとすると、パソコンやCDを再生するものは持ってないのよ〜との事。

『歌っている私にお金を払いたい』そう想って頂けたことが、本当に本当に嬉しく、感動しました。

 

掲載OKを頂いたので、今回も載せちゃいます!

f:id:eri-imamachi:20160410074551j:plain

撮影して下さった英語が上手なお姉さん、有難うございました!

 

その後は、2歳の女の子とお爺ちゃんがいらしてくれました。

アンパンマンの歌〜」

とリクエストされたのですが、ギターは咄嗟に弾けなかったので歌だけ歌わせて頂きました。

にっこり笑顔を有難う。

お爺ちゃんは、楽器の調律のお話しをして下さったり、

「なんでも弾けなきゃ〜」とご意見下さったり。

お爺ちゃん、有難うございました!

 

そして、本日最後のお客さんはひとりの男性でした。

その方はフォークソングがお好きだそうで、お仲間さんと集まって、同じ敷地内の目黒区民センターで練習をされたりしているそうです。

本日、二度目のおひとり様ライブをさせて頂きました!  

 

1.罪悪感

2.明日、笑えるように。

3.不完全

 

聴いて下さった後、本当はもう少しゆっくりとお話したかったのですが、この日は深夜のアルバイトを入れていて一度家に戻らなければ行けなかったため、かなり慌ただしい感じになってしまいごめんなさい。

 

幸い区民センターにはよくいらっしゃるそうなので、次回お会いする際にはライブもお話しも、たっぷり出来れば嬉しいです。

こちらもお写真OKを頂きましたので載せちゃいます!

f:id:eri-imamachi:20160410161333j:plain

足を止めて聴いて下さり、有難うございました。

 

今日も行動して良かったです!